5.WordPressのテーマ(テンプレート)の設定のしかた

WordPressはテーマの設定をすることで、デザインとなるテンプレートを簡単に変更することができます。

現在のWordPressだと、デフォルトのテーマ(テンプレート)が「Twenty SEVENTEEN」となっています。

このテーマは、いつでも簡単に替えることができます。
無料のもの有料のものいろいろなデザインがあります。

WordPressをはじめて使う人が使いやすい、おすすめの無料テーマ

WordPressをはじめて使う人が使いやすい、おすすめの無料テーマ

WordPressをはじめて使う人が使いやすいの無料テーマ2

WordPressをはじめて使う人が使いやすいの無料テーマ2

無料テーマをインストールする

ここでは、Simplicityという無料テーマをインストールしていきます。

Simplicityのダウンロード

Simplicityにアクセスして、「Simplicity 1.9.3 安定版」をダウンロードします。

「ダウンロード」をクリックして「WordPress用のフォルダ」に保存します。
※あらかじめ「WordPress用のフォルダ」を作成しておくと、いろいろなファイルを整理して置くことができるので便利です。

※ダウンロードした「zipファイル」は解凍しないでそのまま使います!

ダッシュボードで「外観」→「テーマ」をクリックします。
すると、初期状態で設置されている「Twenty SEVENTEEN」というテーマが入っています。

ここにSimplicityという無料テーマをインストールしていきます。

「新規追加」をクリックします。

「テーマのアップロード」をクリックします。

「ファイルを選択する」をクリックします。

さっきダウンロードして「WordPress用のフォルダ」に保存した「zipファイル」を選択します。

選択した「zipファイル」が表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。

しばらくすると(数秒で終わります)このように表示されるので、「有効化」をクリックします。

すると、テーマに「Simplicity」が追加されます。

実際に「サイトを表示」をクリックして見るとこのようになっています。

他のテーマに替えるとどうなるか?

「外観」→「テーマ」をクリックしてテーマの画面に進んで、その中からテーマを選んで「有効化」をクリックします。

 

テーマをこのサイトと同じものに替えてみるとこうなります。

 
Huemanというテーマに替えてみましょう。
テーマを選んで「有効化」をクリックします。

 
すると、このように表示されます。

同じサイトでもその中身を変えたり難しい設定をしなくても、このように簡単にデザインを変えることができます。
こうやって、着せ替えをするような感じでいろいろなテーマに替えることができるのがWordPressの便利で面白いところです。

これでWordPressの「入れ物」(建物の形)は完成です。あなたのサイトにも実際にアクセスしてみましょう。

例えば、higashisan.xsrv.jpの場合は
http://higashisan.xsrv.jp/ にアクセスしたらサイトが表示されます。

→6.やっておきたい初期設定へ進む